●ベッド・周辺用品  ●じょくそう(床ずれ)予防防止用品

 

● ベッド
安心してゆくりと眠りにつく。快適な眠りから覚めて活動的な一日を過ごす。
◎介護補助ベッドは自立を補助する便利で大切な介護用品です。

  介護補助ベッド・電動ベッド・ベッド周辺介護用具を使うことにより、寝床から起きる・トイレに行くことができるなどの行動が安全にできるようになります。これは介護をする方が楽になるだけでなく、介護してもらう方にとって大事なことです。自分の力で立ち上がり、自分で歩いてトイレに行くということは大きな自信となります。
  自信は生活全般にとても良い影響を与えるはずです。

 

電動ベッドはとても力強い介護用具ですが、手すり付きベッド
安価で人気があります。
 
 

使用する場所の広さを確認しましょう。
  使用するベッド本体のサイズ(全幅×全長)を確認します。また、同時に使う機器のサイズも合わせて検討しましょう。

マットレスの幅も検討しましょう。
  寝返りを打つとき人は肩を軸にしてからだを回します。その点を考慮してマットレスはゆとりのあるものを選び睡眠中の安全性や快適さを確保しましょう。

ご利用者のくらしのリズムを確認しましょう。
  起き上がる、立ち上がるといった動作をサポートし、離床につなげる機能を持つのが電動ベッド。モーター数により離床する際の動作に次のような違いがあります。
  選ぶときは、ご利用者の生活状況を確認しましょう。
 

 


 

● じょくそう(床ずれ)予防防止用品
じょくそうは一度できると治りにくく悪化しやすいのです。何よりも予防が大切です。
寝たきりの方や自力で動けない方の場合は特に、毎日のケアが欠かせません。

●まめに体位変換や寝返りを
長時間、同じ姿勢でいると皮膚の一部を圧迫し続けじょくそうの原因になりなす。時々、からだの向きを変えましょう。

●ベッドの環境を清潔に
漆器や汚れもじょくそうの温床になります。寝間着やシーツを汗や尿などで汚れたままにしないようにしましょう。

●目的に合わせた用品を上手に選び使うことで介護が楽になります。
からだの向きを変えたり、座る姿勢を支えたり。座布団や敷布を丸めて使うことで代用していませんか。目的に合わせて、必要に応じていろいろな使い方ができる便利なクッションがあります。

●体位変換、寝がえりの介助に  

ナーセントパットA">ナーセントパットA

スーパー介助マット

●床ずれには早めの対応を  
プライムDX
エアマスタートライセル

●床ずれの早期の予防に  
マキシーフロートマットレス
フィール
アクティ

●床ずれができてしまったら  
アドバン
エアマスタービッグセル
クレイド
 
   

快適な眠りのためだけでなく、

より健やかで活動的な毎日のためにお選びください。

介護用品についてのお問い合せはお気軽に
電話:TEL 0267-82-0239   FAX:0267-82-0026
〒384-0301  長野県佐久市臼田1935
有限会社K&Kメディカル(ケーアンドケーメディカル)

 

 

HOME会社案内販売・レンタル介護の前に…就寝用介護用品移動介護用品排泄介護用品住宅改修用品お問い合せご注文方法個人情報について  
Copyright (C) 2006 K&K Medical Ltd. All Rights Reserved.